パンドラの辞令【放尿/お漏らし/おしっこレビュー】

サークル:妄想特急
発売:2020/12/22
ジャンル:きせかえ 屋外 露出 羞恥/恥辱 強制/無理矢理 おもらし 放尿 イタズラ
オススメ度:大~特

●おしっこのあるHイベントの内容

こちらの作品のおしっこのあるシーンは

・おしっこを我慢した女の子がマネキンとして店に立ち、そのマネキンを人だと気づかないショタにいたずらされて放尿してしまう

・女の子がバギーカーに全裸で括りつけられて乗せられ、街中を走りながらおしっこする

の合計2シーンです。


●推しHイベント

パンドラの辞令【体験版・おしっこレビュー】

マネキンに模した女の子がお漏らしするという、私の知る限りこのHイベントが唯一かつ初めてのシチュエーションがあります。女の子は壊れたマネキンに代わって急遽「アンドロイド着物展示会」にアンドロイドマネキンとして展示されます。そこにショタが通りかかり、アンドロイドマネキンとして興味をもたれた女の子は身体を触られ始めます。展示会が台無しなるのを避けたい女の子はマネキンとして動くことが許されず、ショタに注意もできません。そのためショタの行動は徐々にエスカレートし、浴衣を脱がされて乳首、脇などを舐められ最後パンツも脱がされてしまいます。展示される前にトイレに行けなかった女の子はショタに股間を舐められてついにおしっこを我慢できなくなり、失禁してしまうというシチュエーションです。

さらにこのイベントは3つのパートに分かれており、描写も非常に詳細です。

パンドラの辞令【体験版・おしっこレビュー】

シチュエーションとしては露出系魔法少女 ラブリィ☆リリィなどでも紹介した「変身中により身体を動かすことができず、群がる人たちに身体を触られる」という状況と似ていますが今作は本人の意思で固まっているという点と触ってくる相手がショタであり悪戯が(良い意味で)非常にゆっくりでねちっこい点が異なります。悪戯、セクハラ好きとしてもたまらないシチュです。

またなんといってもマネキンの振りを始める頃からトイレに行っていないなどの我慢描写があり、最後は潮吹きではなくおもらしというのがラブリィ☆リリィでは見れなかったこだわりのある展開だと感じました。最高です。


●総評

パンドラの辞令【体験版・おしっこレビュー】
水着のパレオの下を履き忘れたまま、町民の前でダンスを踊るもう一人のヒロイン。

まさかここまで高クオリティなおしっこ我慢、放尿シーンを拝めるとは思っていませんでした。体験版でも初めの4つのHシーンまで見ることができ、なんとその中に上で紹介したマネキン放尿のイベントも入っているので購入を考えている人はぜひ体験版で妄想特急さんの作風を感じてみてください。体験版の他の3つのHイベントも上画像のような羞恥に特化したイベントです。個人的にはこの4つのHイベントだけで作品が成り立ちます。笑

製品版ではこのようなHイベント14シーン、イベント基本CG40枚以上あり露出・羞恥に特化イベントが多いです。そのうち3シーンは本番(レイプ)シーンもあります。露出・我慢要素のあるおしっこイベントももう1イベントありおしっこ目的としてもおすすめのゲームです。

また妄想特急さんの前作「閃け!スキル!輝け!スバル! ~お色気ハプニング私立カガヤキ学園~」については当ブログでもこちらのページで紹介しています。前作も羞恥/露出に特化した素晴らしい作品なのでぜひプレイしてみてください。

DLsite専売:パンドラの辞令

該当シーン全回収まで:3時間

オススメ度:大~特
(オススメ度は低・並・中・大・特大の5段階評価)