悪魂入りのカティ【放尿/お漏らし/おしっこレビュー】

サークル:ゴールデンフィーバー
発売:2020/11/28
ジャンル:女主人公 ツクール ファンタジー 中出し 露出 羞恥/恥辱 強制/無理矢理
オススメ度:大~特大

●おしっこのあるHイベントの内容

こちらの作品のおしっこのあるシーンは

・簡易トイレで放尿していたところ、トイレの壁を取り外されてショタに覗かれてしまう

・民衆の前でほぼ全裸の状態で後ろから抱えられM字開脚となり、おしっこを迫られて自発的に放尿する

の合計2シーンです。

●推しHイベント

悪魂入りのカティ【放尿/お漏らし/おしっこレビュー】

簡易トイレが破壊され、おしっこを覗かれるイベントがあります。主人公の女の子はいたずらをたくらむショタに水を大量に飲まされ、野外の簡易トイレに誘導されます。女の子が安心しておしっこをしていたところ、トイレの壁が徐々に倒れはじめます。もちろん放尿中の女の子はその場から動くことができず壁の倒壊を止めることができません。そのままショタ達によって前の壁は完全に取り外されてしまい、ショタに放尿を見られて言葉攻めされるという展開です。なかなか珍しいシチュエーションだと思います。

●総評

悪魂入りのカティ【放尿/お漏らし/おしっこレビュー】
ゴールデンフィンバーさんの最新作です。おしっこシーンは47シーン中2シーンと控えめですが、本番のないゴールデンフィンバーさんらしい露出・羞恥に特化したシーンが半分程度を占めており、これらが好みなら使えるシーンは多いと思います。もちろん残りの本番シーンも、前々作WE ARE BANDITS!! ウィーアーバンディッツ ~恥辱に手折られし戦場の花~と変わらぬ安定の鬼畜凌辱系です。

またストーリー、ゲーム難易度も非常にうまく計算されて作られています。屈辱ルートと尊厳ルートがあり、屈辱ルートはエロシーンまっしぐらのルート、尊厳ルートはそれらを回避し尊厳を保ってtrueエンドへと向かう茨のルートですが、これがなかなか手ごたえのあるの難しさになっています。そんな難しさは必要ないという方には難易度「ソクヌキ」モードも用意されており、この場合は屈辱ルートにしか進めなくなりますが尊厳値の初期値が低いなどHシーンが回収しやすくなっています。さらにクリア時にはアルバムを全開放することも可能です。

Hイベントの数やシステムについては公式サイトより以下の通りです。

・画面サイズ1008×624。
・基本HCG43枚・差分枚数280枚超。
・アルバムに登録されるHシーン総数47。
・ヒロインの立ち絵は異なるポーズと衣装で9種類。
・モブを含め、全てオリジナル製作のキャラチップ。
・統一感を重視し、彩度を押さえたマップチップ。
・マウス・キーボード・ゲームパッドの各操作に対応。
・RPG部分も含め、テキストの履歴閲覧・スキップ・オートを搭載。
・閲覧済みのCGや回想はサムネイル表示のアルバムモードで鑑賞可能。
・それぞれの場面に相応しい3種類のメッセージウィンドウ。
・ゲームの進行状況や、発生しているイベントなどは、メニューの「Note」で確認が可能。

DLsite:悪魂入りのカティ
FANZA:
悪魂入りのカティ

該当シーン全回収まで:6時間

オススメ度:大~特大
(オススメ度は低・並・中・大・特の5段階評価)