ビスカリアの解呪書【体験版・放尿/お漏らし/おしっこレビュー】

サークル:やさぐれ喫煙所
発売予定:2021/12
ジャンル:女性視点 女主人公 人妻 ファンタジー 寝取られ 羞恥/恥辱 黒髪 処女 お漏らし
オススメ度:特大

●おしっこのあるHイベントの内容

こちらの作品のおしっこのあるシーンは

・街でポーションを試飲した女の子が急激な尿意に襲われ、多くの人に見られながらお漏らしする

・尿意を我慢しながら夜の街を散歩し、人目につく場所で放尿して翌日町人におしっこの跡を指摘される

・昼間の野外で町人に見てもらいながら自発的に放尿し、その気持ちよさで絶頂する

の合計3シーン(基本CG2種類)です。


●推しHイベント

ビスカリアの解呪書【体験版・放尿/お漏らし/おしっこレビュー】

ポーションを飲んだ女の子が突然込み上がる尿意を我慢できず、人前でおしっこしてしまうHイベントがあります。街で不思議なポーションの試飲を勧められた女の子は断ることができず、一口だけ口につけます。すると突然女の子は不自然な尿意の波に襲われ、波がくるごとに女の子はどんどん追い詰められます。最後動くことすらできなくなった女の子は身体を震わせながらスカートを押さえお漏らしするというシチュエーションです。流れとしてはシンプルな構成なのですが女の子の非常に詳細な心理描写がなされており、おしがま好きなら必見です。

この場面、後に判明するのですが実際はポーションが利尿薬だったというわけではなく本人が気づかないうちに下の画像のような恥印(呪い)をかけられていたようです。

ビスカリアの解呪書【体験版・放尿/お漏らし/おしっこレビュー】

上の恥印はこのHシーン単独のものではなく永続的に女の子にかけられており、この設定を生かした別のHイベントも用意されています。またさらに他のシーンでは【尿道性感】なる恥印も獲得してしまい、女の子は排尿するたびに気持ちよくなる体質になってしまいます。おしっこへの熱いこだわりを感じます。

●総評

ビスカリアの解呪書【体験版・放尿/お漏らし/おしっこレビュー】

『クベルの首枷病』で有名な「やさぐれ喫煙所さん」がおしっこ我慢、放尿に目覚めたようです!!今年で一番嬉しいことかもしれません!!!
前作『クベルの首枷病』ではこちらでも紹介しましたがほとんど放尿シーンは無いようなものでした。しかし本作では体験版の時点で全Hシーン10個中3個がおしっこ関連のイベントであり、大きく割合を占めるようになっています。

しかもやさぐれ喫煙所さんはテキスト量がよい意味で非常に多い・濃いことが特徴的なサークルであり、(だからこそ私はやさぐれ喫煙所さんの表現するおしっこシーンが見たいと思っていたわけですが、)上述のおしっこシーンにおいてもその文才は余すことなく発揮されています。期待通り、いえ期待以上に一つ一つのHイベントは非常に濃密で、実用的なおしっこ我慢・放尿シーンを見ることができました。これが無料でプレイできてしまうというのは太っ腹です・・・。ここまで読んでいる方でしたら迷わずプレイしてみてください。私のこの喜びが伝わるかと思います。忙しい方でも初めからHシーンのみ見ることも可能です(ダイジェスト版の赤い水晶がHイベントです)

該当シーン全回収まで:10時間(ストーリーを飛ばしてHシーンのみ見ることも可能です)

DLsite:ビスカリアの解呪書

オススメ度:特大
(オススメ度は低・並・中・大・特大の5段階評価)